熊本市東区にある美容室「木村美容店」

熊本にある美容室「木村美容店」

木村美容店のブログ

木村美容店オーナーの木村です。

この度、若干名ですがスタッフを募集いたします。

いま勤めてくれているスタッフの一人が今年度中に県外への移動が決まっていることと、夏から新体制をとる予定なので、新たななかまを募集したいと思います。

募集資格:美容師免許(取得予定の方も可)
募集業務:スタイリスト(Jrスタイリスト)、アシスタント。
募集年齢:年齢は問いませんが今回はアシスタント業務も兼任して頂くのが条件です。
待遇:車、バイク通勤可。服装自由。有給休暇あり(当社規定によります)。残業、休日出勤、時間外、通勤、役職、など各種手当あり。技術、店販の歩合給あり。

木村美容店は、日曜定休や営業時間短縮、各種講習会への手当、子育て中のスタッフへの時間の融通など、スタッフの働きやすさを徹底して追求しています。

入社してよかったと絶対思ってもらえるお店だと自負してます。
P4123196 (2).JPG

美容やオシャレや、接客が好きな仲間と会えることを楽しみにしております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
タウンワークにも情報載ってます。

問い合わせ先
☎ 096-385-0277
warbonnet.bs@gmail.com

LINE@からもどうぞ
友だち追加

木村美容店 オーナー 木村 明彦
新年一発目から開催していた大抽選会が終了しました。
IMG_3405.JPG

今回、抽選会は初めての試みでしたので「1等がすぐなくなったらどうしよう。」
と思ってましたが杞憂に終わりました。

IMG_3445.JPG
なんと2等、3等が続々当たる中、1等の会長賞だけが残るという展開。

しかもくじはどんどんなくなっているのになかなか出ない。

もしかして1等入れてないんじゃ?

という疑惑が生まれるなか、やっと出ました!


「大当たり!!!」

カランカラン!

IMG_3446.JPG


おめでとう!
fullsizeoutput_100a.jpeg

お母さんと一緒にちっちゃい頃から通ってくれてる千夏ちゃん!
高校生になって、今年は留学するみたい。
いい餞別になりました。

大人になっても木村美容店に通うんだよ!



1月7日、8日は各地で成人式が行われました。
以前、お店の名前がWarbonnetだった頃は成人式のセット着付け予約は全然入らなかったんですが、
木村美容店になった今年は結構なご予約をいただきました。

やっぱり、名前の持つイメージは大きいんだと改めて認識しました。
 
自分の成人式の頃はバブル真っ只中。登美丘高校ダンス部でリバイバルの荻野目洋子が新人の頃でした。
 




 
当時、女子はみんな真っ赤の口紅で、大正ロマンの着物で、姉御な感じのヘアセットで。
当時の写真を見せてもらうと思わず笑っちゃいます。
 
それに比べると今時の感じはすごくセンスも良くなって華やかでとても綺麗だと思います。
 
新成人のみなさま、
これから長い長い大人の世界で生活していきます。
大変なことも多いし、嫌なことも多いし、うまくいかないことも多いですけど、
適当に流して楽しくいった方が絶対いいです。
先は長いです。
 
でも、やらないといけないことは、まずやる!めんどくさがらずまずやる!
ちょっとだけ先輩からのアドバイスでした。
IMG_3396.JPG

始まった当初は不安でいっぱいだった2017年。
本当に
あっという間でした。

これからの美容師の働き方を含めて、色々考えていたことを形にした2017。
日曜定休。18時までの営業時間。個人の休みもできるだけ増やす方向でいろいろ取り組みを始めました。
過ぎてしまえば、杞憂に終わったことも多く、しかしながら努力するべき項目もはっきり見えてきた感じもします。

2018年は各個人の目標を高いレベルでクリアできるよう、それでいて楽しく働けるお店づくりをもっと深めていきたいと思います。
何時も通っていただいているお客様。面白そうと新規で来ていただいたお客様。
いつも、新しい材料や提案を持って来てくれる、ディーラーさん、メーカーさん。
各スタッフを支えてくれている家族。
そして、スタッフ。
いろんな場所で知り合った友人。
そして家族。

みんなに感謝をせんとバチが当たります。

ありがとうございました。

2018年もよろしくお願いいたします。


2017年12月30日
木村美容店 代表 木村 明彦 
  マネージャー 木村 淳子
IMG_3209.JPG
きれいな髪が大好きなシャンプーソムリエ木村です。
きれいな髪を永く保つためのヘアケア第3弾。

少し間があいてしまいましたので、前回までのおさらい。
まずはブラッシング。(シャンプーって⑴)
次に、ゆっくり入浴。(シャンプーって⑵)
そして、いよいよ洗髪(シャンプー)。

まずはシャンプーの語源は英語のshampoo。
便利なgoogleさんにお聞きすると、そのまた語源からはオイルなどによって頭部をマッサージすること。
とあります。
つまりは、洗剤や石鹸ができる前から頭部のマッサージは行われていたんですね。
いわゆる、シャンプー剤という名詞ではなく、髪を洗ってマッサージするという動作を表す意味も含むんですね。

で、シャンプーですが。
まず問題なのは、髪が先か、身体が先か?
私は、髪です。
これは多分ですがほとんどの方は髪が先でしょうからスルーします。
ただ、身体からと答えた方はシャンプー後の身体のすすぎはしっかりやってください。

シャンプーの工程は、予洗、シャンプー泡だて、洗い、マッサージ、すすぎ。
この工程で進みます。
その後、トリートメントやコンディショナーの工程ですね。

まずは予洗。
ここが、結構大切です。
グダグダ書くと読むのもめんどくさくなってくるので、ここは、機械的に。
2分以上、しっかり流してください。できればシャワーで。

これ、やってみると結構長いです。
感じとしては皆さんが普段何気なくやっているシャンプーのすすぎぐらい。

これをやると、いいことがパッと2つ以上は思い浮かびます。
⑴ほとんどの埃や垢は8割がた落ちます。
⑵シャンプーが少しで泡立ちます。(経済的!)
⑶シャンプーが少量なので、刺激因子も頭皮に残りにくいです。
⑷結果、すすぎが楽になります。
4つも出てきました。

もひとつ、⑸マッサージ効果もあって頭皮がほぐれます。

いいことずくめなので、絶対やってください。
むしろ、ここさえやってもらえば他は今まで通りでも大丈夫なぐらい。
 
そして、泡だて。
シャンプーをいつもより少なめに手にとって両手を擦り合わせてモミモミ。
注意!!
こぼさないように!

もったいないから。

ある程度、手に馴染んだら髪に。
地肌につかないように最初は軽めに素早くモミモミ。
空気を含ませる気持ちで、
もこもこ。
はーいよくできました。
c47883209faa105c8865bbbf62cb6aaa.jpg

あとは、美容師さんに洗われている感じにゴシゴシ。
爪は立てちゃダメだよ。
ゴシゴシ、モミモミ。
力も入れすぎずに。
ゴシゴシ、モミモミ。

OK!
ここから、マッサージタイム。
ここは、私の心の師匠の記事を。Vita hair work ブログ
20171123_1350094.jpg
(高濱師匠写真勝手に使わせていただきました。笑)
はい、いい感じになってきました。

次は、いよいよすすぎ。
これは、こちら。



こちらを参考にして、しっかり流してください。


目安は3〜5分。

hair-care-shower-head01-e1470289232942.jpg



これで、バッチリ。スッキリ。




シャンプー編終了。


次は、トリートメント、コンディショナー編です。


トリートメントとは⁉︎




ページトップへ

Produced by Warbonnet
熊本市の美容室木村美容店facebook
木村美容店のインスタ